高齢者がん、積極的に治療せず。85歳以上進行期「肺」58%「胃」56%(読売新聞)|
がん治療情報集めに悩んでいませんか?

世の中にあるがん治療情報を集めている方のために、様々ながん治療メディア情報をお届けします。

新聞

読売新聞 2017年8月9日付朝刊

高齢者がん、積極的に治療せず。85歳以上進行期「肺」58%「胃」56%

♦記事のポイント

高齢化社会の進展に伴い、がん患者における高齢者の割合が増える中で、国立がん研究センターが75歳以上の病期別治療法の調査が行われました。この調査の中で、病状が進んだ進行がんになった85歳以上の高齢者に対して、積極的な治療をせず、経過観察にとどめる割合が、がん種によって最大60%を超えることが分かりました。これは、完治が難しく、5年生存率も低いことから、生活の質(QOL)を重視した選択をしているものと見られています。

♦記事の役立て方

高齢のがん患者さんを抱えるご家族の人にとって、がん治療について改めて考える参考になるでしょう。

♦記事の内容と検証

国立がん研究センターの調査によると、1年間でがんになる人全体に占める75歳以上の割合は、2012年で42%を占め、2003年の35%に比べて7%増えており、今後も割合が増えるとみられています。この調査は、全国のがん診療連携拠点病院など427施設で、がんと診断された患者約70万人の集計に基づくものです。同時に75歳以上の高齢者の病期別の治療法も明らかになり、この中でがんが最も進行した4期についてのがん種についての治療法は、次のように示されています。

≪病期が最も進んだ4期の非小細胞肺がんと診断された85歳以上の患者は「治療なし」が58.0%に達した。同じ病期の胃がんは56.0%。大腸がんは36.1%と高く、2012年から徐々に増える傾向となった。特に治療が難しい膵臓がんは60.0%。高齢で発症の少ない子宮体がんは66.7%だった。≫

この統計データをみると、高齢になると心臓病や糖尿病などにかかっていることも多く、手術や抗がん剤治療が難しい患者さんも多いとみられています。また、認知機能の衰えから治療を差し控えるという見方もあります。高齢者のがん治療に詳しい杏林大学医学部腫瘍内科学の長島文夫教授が、次のように語って記事の結びとしています。

≪高齢で意思疎通に困るケースに対し、医療者側で適切な治療法を考えるための基準作りを急ぐ必要がある。≫

»記事を確認する(PDF)

目的別に記事を探す

注目のメディアトピックス

メディア別に記事を探す